犬が食べられる果物

犬

与える前に、 食事に含まれていない果物や食品を摂取する場合は、獣医師または犬の栄養士に相談することをお勧めします。アレルギーや何かに対する不耐症、または特定の製品を食べることができない病気を患っている可能性があるためです。 あなたも消費すべきです 果物 たとえば、食事中の抗酸化物質の不足を補うために、時々与えるだけのサプリメントであってはなりません。

通常、ドライドッグフードは不足しています 酸化防止剤、心臓病やがんの予防に最適です。 抗酸化物質が豊富で犬に最適な果物の一つはブルーベリーです。 これらには非常に細かい種子があり、食べることはお勧めできませんので、犬に与える前に取り除く必要があります。

犬は適量を食べても大丈夫です りんご ただし種なし。 果物の骨と種子はすべて犬にとって有毒であり、呼吸器疾患、アレルギー反応、または不耐症を引き起こします。 犬にリンゴを与える前に、リンゴをよく洗い、小さく切って種を取り除くことをお勧めします。 リンゴは優れた消化作用があり、消化の問題や下痢の予防に役立ちます。

犬に許可されているもう一つの果物は、 バナナ。 繊維の量は、少量を与えると有益です。 犬が下痢に苦しんでいる場合、バナナは下痢を防ぐのに役立ちます。 もちろん、与える前に皮を剥いて、切り分けておくと便利です。 バナナはドッグフードに不足しがちなミネラルの優れた供給源なので、食事の前にバナナを与えると多くの利点があります。

たくさん あんず これらは、有毒な中心骨を取り除く限り、犬が食べてもよい果物のリストの一部でもあります。 あらゆる特性の中でも、アプリコットには鉄分と可溶性繊維が豊富に含まれており、動物の体が適切に機能し、腸内輸送を助けるのに理想的です。

ラス これらはビタミンCの天然源であり、その抗酸化特性が主な利点です。 それらのおかげで、フリーラジカルは動物の体から除去され、毛皮と体全体の健康を維持することができます。 イチゴは優れた利尿作用もあり、腸内通過や骨に良い効果があります。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。